日々をていねいに暮らす器。

キャンティのブドウ畑と畑一面に咲き誇るヒマワリ フィレンツェの街並みにシエナの石畳 道端で見かけたポピーの花 sayo hanafusaの器の色は大好きなイタリア・トスカーナ州で見た自然や風景を表現しています あなたはこの器にどんな料理をのせてどんな花を生けるのでしょう 暮らしの中に彩りを添えながら一日一日をていねいに過ごせる器を心をこめて作っています

works

sayo hanafusa 1978 富山県で生まれる 1997 渡伊 1998 イタリア・トスカーナ州 モンテルーポフィオレンティーノ陶芸学校卒業 2001 クリスチャンヌ・ペロション入社 2002 CERANIMA入社 2005.3 帰国 2005.9 富山市内で工房「ギャラリーSi」を持つ 2006 釉仁磁器倶楽部所属 2011 結婚を機に作家活動を一時休止 東京・西麻布のイタリア教室にてイタリア料理検定(上・中・下)取得 2014 出産を機に富山へ戻り作家活動を再開 2016.5 「まつもとクラフトフェア」出店 2016.7 ギャラリー・カフェ・アトリエ「Sisu」オープン

ページトップへ